毛穴が目立ってしまっている原因とは

毛穴が目立つ原因は、このような原因と言われています。

①余計な皮脂分泌による、毛穴の開き
毛穴は、皮脂を排出する時に開き、必要の無い時には閉まる、という動作が当たり前の動きです。
毛穴の開閉作用が上手くいかなくなると、毛穴が開放的になります。よって、皮脂が出っ放しになってしまいます。
余計な皮脂が沢山放出されることによって、余分な皮脂が毛穴に蓋をしてしまい、それが酸化してしまい、どんどん黒ずんでいきます。
それが、毛穴が目立つ、という事になります。
若い人は、皮脂分泌が物凄く活発なので、この原因が圧倒的だそうです。

②肌のたるみ
肌がたるんでいくと、重力に引っ張られて肌が足元の方に下がっていきます。
その作用により、毛穴も引っ張られていきますので、毛穴が縦長に引っ張られ目立っていくという事になります。
30歳を過ぎた年齢肌の方には、皮脂原因もそうですが、この原因が加味されていくと言われています。

③メイクや汚れのつまり

メイク汚れや汚れをきちんと落とす事が出来ていないと、毛穴の奥で汚れ等が滞留してしまいます。
それが酸化してしまう事により、新陳代謝が乱れてしまいます。健康な角質が成長されず、新しい細胞が生まれにくくなってしまいます。よって毛穴がどんどん目立つようになってしまいます。

④肌の乾燥による、毛穴のつまり
乾燥する季節に毛穴が目立ってしまう方も多いと思います。
肌が乾燥してしまう事により、毛穴が勝手な方向に引っ張られるようになって、毛穴が目立ってしまいます。

毛穴化粧品で効率的な毛穴ケアをしてあげて、毛穴の目立たない綺麗な肌に導きましょう。

毛穴の洗浄方法

毛穴を目立たせなくするために、綺麗に毛穴を洗浄してあげる事はとても大事な事になります。
その為には、毛穴の奥から綺麗になる洗浄方法で洗ってあげましょう。

毛穴の奥の汚れを取り除く為には、奥の汚れを浮かしてあげる事です。
浮かしてあげる為には、ゴシゴシ擦っても奥まで取り除く事は出来ません。
毛穴の奥の汚れを効率的に浮かしてあげる為には、クレンジングも洗顔も、その素材を動かして洗ってあげるようにしましょう。
クレンジングは量を多めに、洗顔はきちんと泡立ててモコモコの泡にして使ってあげましょう。
顔に乗せたら、その素材を動かすようにクルクルと動かしてあげると、汚れがどんどん浮いていきます。汚れが浮き出てきたら、ぬるま湯で優しく洗い流してあげましょう。

毛穴ケアに大切なのは、ビタミン

毛穴が開いてしまっている事に効果的な成分は、ビタミンAとEです。
ビタミンEには、8つの種類があります。そのうちの1つにコトリエノールという成分があります。肌の表層の抗酸化を防いでくれ、血行を促進してくれ代謝を促してくれます。代謝が良くなる事で、保湿効果を生み、潤いのある肌にしてくれます。うるおう事で毛穴が目立たなくなっていきます。

食べ物でもビタミンEを補う事が出来ます。
カボチャ、アボカド、米ぬか、ナッツ類、大麦油、等に含まれておりますので、積極的に摂取してみると、毛穴に良いケアになりますよ。

毛穴ケア用のジェル化粧品を使ってみましょう

毛穴の開きが気になる方には、毛穴ジェルを使う事をおススメします。
毛穴ジェルは、毛穴をマッサージしてあげる事で、毛穴の角栓を取り除いてくれる優れものです。
丁寧に毛穴の気になる場所にマッサージしてあげると、毛穴の奥の角栓もゴッソリ取り除く事ができます。
ポイントは、暖かい場所で使用してあげる事です。暖かい場所で使う事により、ジェルが温まり毛穴に馴染みやすくなります。
また、毛穴を事前に開いておくと、より毛穴の汚れを綺麗に落とす事ができます。スチームで毛穴を開いたり、お風呂の中で毛穴を温めてからジェルと使うと、とても良く効果を発揮してくれます。

毛穴パックは、毛穴にいいケアになるのか

毛穴パックは、貼ってはがすと沢山取れてくるので、物凄く効果を感じると思います。
毛穴の汚れをゴッソリ取ってくれるので、毛穴の中が綺麗になるのが、毛穴パックです。
でも、剥がした時に多少のピリピリ感を感じると思います。ピリピリと感じるという事は、肌に多少のダメージを与えている事になります。せっかくの毛穴ケアなのに、皮膚に負担を与えるようでしたら、少し考え物ですよね。

毛穴パックをした後は、十分に保湿をしてあげましょう。十分に保湿をしてあげる事で、沢山取ってしまってフリー状態になった毛穴を、優しく労わってあげる事になります。

また、効果を感じるという事で、頻繁に使う方がより効果があると思うと思います。
でも、やや強引に剥がすやり方なので、あまり頻繁にしてしまうと、大切な成分まで全て取り除いてしまうので、毛穴やお肌に良いとは言えなくなります。
余計に毛穴が広がってしまう恐れもありますので、定期的に行うようにしましょう。
週1~2回ほどがオススメの頻度です。